読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クルマ好きゆとり世代の陸マイラー生活とSFC修行

ゆとり世代が始めた陸マイラーブログ 飛行機・マイル・クルマetc 2016年プラチナ達成!!

第5回SFC解脱修行 ~タッチとか条件付フライトとかポストカードとか~

f:id:yutori88:20161225164933p:plain

2016年11月から急遽はじめたSFC修行も無事に解脱することができました。

50000PPの中には、出張で北米往復をビジネスクラスZで行った分も含まれており、比較的有利かつ順調にPPを重ねてきた訳ですが、解脱フライトは一筋縄ではいきませんでした!!

修行らしい?体験もできましたので今回ご報告させていただきます。

 

第5回SFC修行 解脱フライトの計画

これまで北米往復を除いて、羽田と沖縄の往復をプレミアムクラスで行ってきました。ずっと同じ路線だったのは年末まで時間が少ないなかで効率を重視したこと、沖縄往復だけでも全部プレミアムクラスを利用していた為か飽きなかったことが理由です。

しかし解脱フライトは50000PPを無駄なく達成したかった為、羽田⇒札幌⇒那覇⇒羽田の三角フライトを予定しておりました。さらに最後の那覇⇒羽田は普旅割28で予約しました。

自分の中でずれれしまった座席に対する基準を、元に戻す必要があると感じておりましたので、最後はプレミアムクラスを利用しないと決めていました。

 

当初の予定では羽田⇒札幌⇒那覇⇒羽田で解脱だったのですが、実際には羽田⇒沖縄⇒羽田⇒羽田????⇒福岡⇒羽田になりました。

なぜこんなことになってしまったのか?という経緯から書きます。

 

  

解脱予定日にまさかの寝坊

 

修行当日の朝、起きて時計をみると、もう札幌行きの便の搭乗時間には間に合わないことが判明しました(涙)(涙)(涙)

社会人として失格です。ゆとりです。ああ。前日飲みすぎた様です。

「修行僧としても前日に飲みすぎるなんて許さん!!」

「まだ修行を続けなさい!!」と言われて、乗り続けられれば楽しいのですが、自腹フライトでそれはできません。

 

その後冷静になって考えると札幌⇒那覇便も間に合いません!!

ひとまず、羽田⇒札幌(P株主割引運賃)はオープンに、札幌⇒那覇(P株主割引運賃)は払い戻しをしました。

 

とりあえずリカバリーを考え、今日は羽田⇔那覇の往復に変更しました。なぜなら三角フライトの第3レグ那覇⇒羽田の普旅割28予約が残っているからです。その為、羽田⇒那覇のP株主割引予約を入れました。株主優待登録は、払い戻しをすると再利用できます。どの番号の優待チケットが払い戻しされたかANAからメールが届きます。

 

気を取り直して今日は沖縄往復に集中し、解脱フライトは先程オープンにした羽田⇒札幌を利用して、明日の羽田⇔札幌往復に持ち越しです。

 

 

気を取り直して羽田空港を目指します。

 

はじめてタッチをしました

パラダイス山本さんの著書である飛行機の乗り方によれば、タッチとは目的地についたら乗ってきたきた飛行機、または隣のスポットで出発地に戻ろうとしている飛行機に乗り継いですぐに出発地に戻ってくるというのがタッチだそうです。

寝坊したせいで、新たに予約した羽田⇒那覇便(P株主割引運賃)の折り返し便が、もともと普旅割28で予約していた那覇⇒羽田便だったのです。

そこで頭をよぎるのが、これまでの先輩修行僧の多くが経験しているCAさんからの辱めです。往路便はプレミアムクラス、復路便は普通席なので「おかえりなさいませ♡♡プップッ」の辱めにあわずに済むといいなーと思ってました。

 

羽田⇒那覇便はいつもの通り、プレミアムクラスを堪能しました。

この時すでにCAさん達は、「この座席の坊やは、折り返し便に乗る修行僧だ」とブリーフィング時の情報で把握しているんですよね。

こういった場合、乗客の我々はどのように振る舞うのがいいんでしょうかね。悩んでしまいます。

 

那覇空港に着いたら、ANAフェスタで大東寿司を購入してすぐに折り返し便に搭乗します。何度も来ているので他にやることはありません。

 

いよいよ折り返し便への搭乗です。

座席位置の関係で、「機内の混雑を避けるために、○○列目以降の・・・」ではなく、チーフパーサーさんの前を通って搭乗でした。

 

「おかえりなさいませ♡♡おつかれさまです♡♡」

 

出ました!!チーフパーサーさん見逃してくれないんですね。

 

その後プレミアムクラスを担当されていたCAさんにニコニコされながら(笑われながら)機内中央付近を目指します。

 

フライトはいつも通りの安定感で、普通席も全然悪くない。国内線ならこれで十分。

若造(自分)にプレミアムクラスはもったいないと感じました。

 

降機するときも同じ経路をたどりました。

するとチーフパーサーさんに「この後はどちらに行かれるんですか??」と声をかけて頂きました。明日の札幌往復でプラチナ達成であることや、ダイヤまでは目指していないこと、北米往復で一気にANAのファンになったこと等々お話し、ほっこりした気分で降機しました。

 

CAさん達と触れ合いながらの修行も楽しいなと感じた、初タッチでした。

 

 

以前も購入したことのある大東寿司ですが、今回は写真付きで紹介したいと思います。

f:id:yutori88:20161225162759p:plain

f:id:yutori88:20161225162905p:plain

覇空港ANAラウンジ前のANAフェスタで購入することができます。

撮影場所は今宵の宿です。京急川崎駅付近のビジネスホテルに宿泊です。

 

 

 

 

翌日の解脱フライト羽田⇔札幌がまさかの条件付きフライト

f:id:yutori88:20161225163012p:plain

翌日朝起きてANAからのメールを確認すると、条件付きフライトになった旨メールが入っていました。前日から予兆はあったのですが、往路便は新千歳空港降雪に伴う条件付きフライトになりました。初めての経験です。「条件付きとはいってもこういうのは万が一の時のお断りで、ほとんどの場合、目的地に着けるものなんでしょ」と思っていました。

ですので機内のプレミアムGOZENも、新千歳空港でのえびそばの為に食べずにいました。

f:id:yutori88:20161225163207p:plain

 

ところがです。下北半島を過ぎたあたりで旋回をはじめたと思ったら、機長からアナウンスが入りました。どうもこの時、2本ある滑走路のうち1本の除雪を行っているが、降りられるか引き返すかは30分後に滑走路の除雪状況に依るとのことでした。

 

札幌到着までしばらく旋回しながら待機することになった直後、CAさんは私が食事をしていなかったことを気にかけて、軽食を薦めてくださいました。軽食のトマトスープです。坦々雑炊もあるようでしたが、こちらを選びました。

f:id:yutori88:20161225163434p:plain

 

 

 

 

45分くらい旋回した後・・・・!!!!

目的地が羽田に変わっているではありませんか。

f:id:yutori88:20161225163607p:plain

 

 

引き返すことになったようです。 

機長から引き返す旨のアナウンスが入った後も、機内に混乱はありませんでした。

条件付きフライトでみなさん覚悟して乗っているってことですね。

 

 

羽田⇒羽田の苫小牧沖タッチの完成です。

f:id:yutori88:20161225163725p:plain

 

今度こそ解脱フライトを!!

 

羽田に着いたら、まずいま引き返してきた羽田⇒札幌の払い戻しと、往路便の払い戻しを行います。ただいまの時刻だいたい14:30。早速今日中に折り返しできて、PPポイントがある程度貯まって、欠航の心配がない路線を予約します。

 

リカバリー案は羽田⇔福岡の787往復に決めました。もちろん往路便は解脱時の約束事普通席で予約します。当日の予約だと結構高かったです。

 

のんびりしている暇はありません早速搭乗して、福岡を目指します。

機内ではプレミアムSABOとスパークリングワインを頂きました。

f:id:yutori88:20161225164009p:plain

 

福岡ではラーメンを食べるだけで、折り返します。

 

復路便も787です。

実は787の大きすぎず小さすぎず、かつそのしなやかなプロポーションが好きで、解脱の記念にステッカーが欲しかったんです。

なのでCAさんにお願いしてしまいました。後で考えると「プラチナごときに記念なんて言うなよ」って自分でも思ったんですが。。。。

 

そのCAさんが一生懸命探してくれました。でもなかったそうです。

787が就航してからだいぶ経っていますからね。

その代り、コーパイさんがもっていた、ボーイングが作った787のステッカーを頂きました。感激しました。

 

そして、着陸態勢に入る前に、メッセージが書かれたポストカードと袋に詰めていただいたキャンディーを頂きました。これは本当に驚きました。福岡⇒羽田の短い時間の中で、ステッカーを探し、メッセージを書き、キャンディーを全種類選んで詰めていただいたのです。

本当に感激しました。

 

f:id:yutori88:20161225162146p:plain

 

 これからもANAさんと一緒に楽しい飛行機ライフを満喫したいとこころから思った瞬間でした。

 

 

CAさんにお礼を伝え、こころの中でもう一度お礼をして、降機しました。

 

 

ANAのCAさんに

自分でも「記念とはいえプラチナごときでお願いしていいのかな・・・」って迷いもありました。だって優先搭乗の際にダイヤモンドの方がたくさんいるじゃないですか。今年プラチナ達成された方々はもっといます。最初は、そんな気持ちでした。

でも、限られたフライト時間のなかでステッカーを探し、キャンディーを詰めて、メッセージを書いてくださったCAさんを考えると、私が「プラチナごときに・・・」だなんて考えたらダメだと後で気づかされました。

 

一期一会を大切にし、その人の思い出を飾る為に、一生懸命にお仕事されているその気持ちが伝わったような気がしたんです。

 

プラチナとかダイヤとか関係なく、飛行機好きのひとりとして、ANAさんと思い出を作れたことに感謝しています。

 

晴れて解脱!!(まさに字のごとく)

 寝坊に始まり、CAさんからの「おかえりなさいませ♡♡」、条件付きフライト、羽田引き返し、いろいろあった解脱フライトでした。

思い出もいっぱい作れたSFC修行の解脱記念に、羽田空港の到着ロビーにあるお土産屋さんで、記念のキーホルダーを購入しました。

 

f:id:yutori88:20161225164837p:plain

 

 解脱してみて感じるのは、これはゴールではなく、楽しい飛行機ライフの始まりに過ぎないということです。

上手にSFCを使いたいし、1回のフライトを上手に楽しみたいし、新たな世界が自分の前に開かれた感じがします。

JGCを目指す人、ANAダイヤを目指す人、SFCの活用に重きを置く人、様々な解脱後のスタイルがありますが、私も先輩修行僧の方々同様に、これから飛行機旅を楽しんでいこうと思います。

これからもブログの更新を続けます。

これからもよろしくお願いいたします。 

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村